気になりだしたら早めのケアで発毛を促しましょう。発毛は遅くなるほど効果がなくなってきます。

年齢とともに髪が薄くなるのは

通常でも、髪の毛は1日に100本は抜けると言われていますが、
あくまでも大まかな数字であり、そこには大きく個人差があります。
年齢とともにその本数は増していきますが、もちろんそうならない方も多いため、
全員が抜け毛や薄毛に悩みを感じることがないのです。
抜け毛や薄毛の因果関係として、成長因子の不足があると言われ、
20歳前後で減少していくことがわかっています。

成長因子は発毛や育毛に必要不可欠なもので、髪の毛を健康に維持するためには
減ったままにしておくと深刻な薄毛の悩みに直結してしまうことになります。
今、発毛に必要な栄養の不足は外側から補えるようになっていて、
医師の診断の下できちんとした治療が受けられるようになっています。
抜け毛をいつ頃意識したかによって、治療のスタートに違いがあります。

成長因子が減り切ってしまい、すでに頭皮が目立つ状態で治療を始めるか、
抜け毛が気になりだした時点で始めるかでは髪の毛の状態が大きく違います。
見た目の印象が変わってしまうまで悩みを放置するよりも、
早めに出来る治療を始める方が見た目の印象を大きく変えることなく治療を進められ、
大きなストレスにはなりません。

薄毛の悩みは心に大きな影を落とす原因にもなるため、
出来れば気づいた時が治療の始め時だと言えます。
成長因子の不足を補ってくれる治療を受けられる病院は全国に広まって来ているため、
髪の毛の状態に不安を感じたら自己診断はせずに医師の診断を受けましょう。
早期治療が悩みの早期解決への近道になるのです。