気になりだしたら早めのケアで発毛を促しましょう。発毛は遅くなるほど効果がなくなってきます。

地肌が見えてしまう前に対策を

頭皮をばりばりと爪で掻いている方を
見かけたことのある方は多いのではないでしょうか。
身内にいる、という方もいらっしゃるかもしれません。
その場合、炎症が原因で強いかゆみに襲われている場合があります。
抜け毛の原因になりますし、頭皮の状態が悪いと髪の毛に影響が出ます。
自分にも心当たりのある方は、
早めに病院を受診して頭皮の炎症を抑えるようにしましょう。

もちろん、髪の毛の悩みの原因が頭皮の炎症だけというわけではありません。
抜け毛、薄毛の原因は絞り込めないことも多く、
実際に治療を始めるなら医師の診察を受けることが重要です。
頭皮の状態の良し悪しが原因であれば改善も早いですが、
成長因子の不足が原因なら通院が必要になり、
治療に時間を要する場合もあるため、早めの受診がいいでしょう。

成長因子は誰もが持っていて、発毛や育毛に必要な栄養だと言われています。
ですが、20歳前後を境に自然と減少していくことがわかっており、
不足分が多くなると抜け毛や薄毛が目に見える形で進行していきます。
成長因子は外側から補えるため、
それさえ知っていれば治療を始めるタイミングは自分次第ということです。
頭の片隅に記憶しておくといいですね。

発毛のプロセスは一定のものですが、
抜け毛や薄毛が進行するペースは個人差があります。
髪の毛が前に増して抜けるようになった気がする、
と気付いた時が病院で検査をしてもらうタイミングと言えるので、
自分の髪の毛から発せられるSOSを逃さないようにしたいですね。
成長因子を補うことで、発毛のプロセスが正常に戻れば再度頭皮が活性化され、
自然と発毛が促されるようになっていきます。