気になりだしたら早めのケアで発毛を促しましょう。発毛は遅くなるほど効果がなくなってきます。

間違った頭皮ケアを続けない

自分が行っている頭皮ケアが正しいと自信がある方はどのくらいいるでしょうか。
実は意外と美容室でもシャンプーの仕方や力加減に問題があるなど、
プロでも難しいのが頭皮ケアです。
間違ったまま続けていくと、頭皮の炎症やかゆみ、またはフケに繋がり、
それが抜け毛や薄毛の原因になることもあり、
その深層に潜んでいる成長因子の不足に気づかないこともあります。

抜け毛や薄毛を年齢のせいにしている方もそうですが、抜け毛や薄毛はケアの方法、
または遺伝よりも成長因子の不足がその主な原因であるとわかって来ています。
どちらに当てはまるかをしっかりチェックするだけで、
改善方法の違いや治療法の違いもはっきりします。
成長因子不足の場合も、正しいケアで頭皮を労わることが大事ですね。

髪の毛は一生付き合う大切なものです。
必要なければ、抜け毛や薄毛に悩む方はいないことになりますし、
病院で治療を進める方も少ないでしょう。
ですが、きちんと原因を追及して症状の改善に努めている方が多いとなると、
髪の毛がどれほど個人にとって大切なものなのかがわかります。
少なくなってしまった髪の毛を取り戻せるチャンスがあるなら、掴んでみませんか。

医師の診察が必要になりますが、成長因子は外側から注入することで、
発毛を促す治療が出来るようになっています。
AGAであれば投薬などの方法もあるようですが、
治療の方法は医師と相談の上で決めて行くのがベストです。
頭皮の状態も確認してもらえるため、炎症やかゆみ、
フケなど気になる症状が「あれば、一緒に改善していくことをお勧めします。